RSS
Admin
Archives

明日は檜になろう あすなろ弁護士日誌

大阪の「あすなろ法律事務所」所属弁護士が発信

プロフィール

asunaro.l.o


■弁護士法人あすなろ(あすなろ法律事務所)
2003年に設立し、個人・法人のみなさまのご相談に幅広く対応しています。
弁護士が日々の出来事や法律のことなどを更新しています。

■URL
http://www.asunaro-l.gr.jp

■大阪事務所
〒541-0054
大阪市中央区南本町1丁目4番10号
ストークビル4階
TEL
06-6268-5070
アクセス
大阪市営地下鉄堺筋線 堺筋本町駅
1番または2番出口より徒歩2分


■奄美事務所
〒894-0026
奄美市名瀬港町22番23号
TEL
0997-57-6211
アクセス
朝日通りバス停前

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
01
Category : 未分類
2011年3月11日に発生した東北関東大震災により被災された皆様に心より哀悼の意をささげます。
そして、心よりお見舞い申し上げます。

16年前、私は宝塚で、池田は西宮でそれぞれ被災しました。
私たちは、散乱した家の中を片付けた後、1週間後に淡路島を除く、神戸市長田区から西宮市までの被災地を
一日徒歩で歩いて被災の実態をこの目で確認しました。
その惨状は、テレビ報道で受けた印象を遥かに超える悲惨なものでした。
その後の数年間、私たちは、仮設住宅での法律相談、倒壊したマンションの再建、倒壊した家屋の再建、
経営危機に陥った被災企業の支援等様々な復興プロジェクトに参加することとなりました。

今回の震災は、阪神大震災の比ではありません。
それは、震災直後の津波の映像を見て確信しました。
安否の確認や生存の確認が長期化し、ご遺体の確認すらできないまま時を過ごさなければならないご家族も
少なくないと思われます。
運命は、過酷にも、一瞬にして、生者と死者を分かちました。
お子さんやお孫さんを失われた方々の悲しみと慟哭はいかばかりかと、
ご家族の安否を尋ね歩く方々の映像を目にする度に涙が止まりません。

16年前、被災地の人々は、身を寄せて暖をとり、今ここにあるものを分かち合って生き延びました。
遺されたご遺族自身も、被災者として、誰かに支えられ、あるいは誰かを支えるという
被災地における日々の営みを通して、あの過酷な時期を、希望を失わずに乗り越えることができたのだと思えます。
時間はかかりましたが、多くの人々が、失った家を再建し、
一時閉鎖を余儀なくされた事業所を再開することができました。

今、私たちは、大阪の地で、
義援金の募金、被災地の方々から具体的なご要望のある物資の送付など、
ささやかな取り組みを続けております。
今後とも、被災地における法律相談活動、中小企業支援活動、被災地支援の立法活動など
求められる支援活動の輪に積極的に加わっていきたいと考えております。

津田浩克
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。